FXが人気の理由

仕事が忙しくてもなかなか収入は増えないというような人も多いのではないでしょうか。
そのような人は時間をかけずに副収入を得ることができる投資に興味を持たれることと思いますが、投資もなにをしたらいいのかわからないというのは多くの人の声で挙がっています。

しかも、投資詐欺のニュースであったり、ネットなどでも全財産を溶かしてしまったというような悲痛の声を挙げる方も目にして、投資イコール副業というような認識ではなく、投資は詐欺となどに遭ってしまい財産を失ってしまうと恐れているケースも少なくはありません。

なかでもFXは少額の投資資金で数倍もの利益を得ることができる投資であることから、ギャンブル的な認識をされている方も少なくはなく、詐欺を目論む人物には悪用されてしまうケースが多いのですが、実際には金融庁がしっかりと管轄していたり、取引の手法を間違わなければ詐欺に遭うこともないのです。

FXが詐欺に利用されるのは、やはり投資の内容そのものに魅力があるからだと言えます。FXは1000円の投資金が10倍や100倍になって返金されることに少なくないということが注目されるポイントになります。

通常なら、少しの投資金で数倍の利益を得られると聞いても信憑性が低いものの、FXならこれを購入したら100倍になって返ってくるというワードが受け入れられ安いため、悪用されてしまうケースが多いと言えます。

特に、ネット上で知り合った人であったり、もうけ話の一環としてFXに投資してみないかと相談されたり、一緒に投資して倍にしようと持ちかけられた場合にはきっぱりと断ってください。
FXの取引は自分ので口座を開設してやり取りをすることが大切です。
なかには、詐欺のためにわざわざサイトを巧妙に作っているケースがあったりと企業が行っているものがすべて安全だとは言えませんので、はじめての人はきちんと金融庁が許可した口座を調べて開設を行います。

詐欺に遭わないためにも、自らFXの口座などを調べたり、詳しい人に相談する必要性がありますが、そこまでしてもFXを行う人はそのFXの魅力をしっかりと理解しているからだと言えます。

特に、FXは本業を持っている人の副業としての投資として選択されることが多いのですが、その理由として単純に大きな利益を得ることができるということだけではなく、FXの値段の動きというのが日本の夜に当たる時間に大きくなるのがその理由のひとつであると言えます。

日中仕事をして、FXの動きが活発になる夜に取引を行い返金を無事に行うことができるというのも利点です。
時間がない人にとって、時間に左右されない取引時間の広さもFXが人気の訳となっています。

FX人口から今後の日本を紐解いてみました

今やサラリーマンや主婦にも人気のFX、もともと日本人は投資に対して「騙される」「損をする」などのマイナスのイメージを持っています。

ここ最近では日本経済や景気への不安から、年々FX人口も増えています。

FXの人気は株取引と違い24時間スマホ1つで気軽に取引できることも手伝って近年ではFX利用者も年々増加傾向にあります。

今日はそんなFXに投資している日本人の人口と今後の動向について探っていこうと思います。

FXとは

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で日本語では「外国為替取引」といいます。

簡単に言うと(お金)為替レートの上がり下がりを予測して為替の売り買いをして利益を狙う取引の事です。

日本では、キャンブルのイメージが強いFXですが、近年では利用者も年々増えてきています。

FX人口

さて、そんなFXですが海外と日本ではどれぐらいの人口の人がFXに参加しているのかを調べてみました。

日本のFX人口

国内でのFX口座開設数は661万口座となっていました。しかしこれは口座を開設しただけの数字です。

実際に取引されている口座(アクティブ口座)は78万口座となっていました。

さらに掘り下げていくと、日本では30万~40万人ほどの人が一人で複数口座を持っていることがわかりました。

そう考えると、例えば40万人の人がFXの口座を持っていた場合、日本の人口の0.3%の人しかFXの口座を持ってトレードをしている事になります。

そう考えると日本でのFX人口が意外と少ないようにみえます。

世界のFXの人口

では世界でのFX人口はどうなのでしょうか。実は世界のFX人口の57%が日本人なんだそうです。

これにはびっくりです。

日本と諸外国のFX投資金額の違い

日本人のFX人口は世界でも半数を占める事はわかりました。しかし投資金額からすると諸外国の投資金額とは、だいぶ差があるようです。

1位はイギリスで40.9%・2位はアメリカ18.9%・3位はシンガポール5.7%そして4位が日本5.6%以下、香港、スイス、フランス、オーストラリア、オランダ、ドイツの順でした。

ちなみに為替の種類ですが1位がドル・2位がポンド・3位が円となっていました。

日本4位の理由は国民性

どうして世界でも半分以上を占めているFX「外国為替取引」に参加している日本が投資金額が世界でも4位かなのか、そこのは日本のお金に対する習慣がありました。

日本という国では、お金を貯金する習慣があり為替や株などでお金を運用する習慣は今までありませんでした。

一方、諸外国では現金をあまり保有せず、株や為替、不動産など、しっかりリスク分散をしてお金を運用しています。

まとめ

今後のFXの日本での人口を私なりに分析した結果、今後は日本経済の先行き不安や国上げての副業や兼業の推進などから見ていくと、さらにFX「外国為替取引」は増えていくのではないかと思っています。

日本円だけ保有する事の危険性を今後はもっと考えて資産運用をしなければいけないかもしれません。